転職をすることは裏切りではない

僕はがんばってがんばって体調を崩した。

何か困難なことがあるたびに、「この先に希望があるはずだ」と信じてがんばってきた。

「この山を越えれば」

「自分がもっと成長すれば」

明るい未来が切り開けるものだと信じていた。

けれどそれは幻想だった。

結果として、僕は戻れない病をかかえ、職とキャリアを失った。

そんな僕から、「転職を躊躇している人」に向ける。

 

転職は裏切りではない

転職はそもそも裏切りではない。「裏切り」と感じられてしまうのは、

  • 新入社員のころからお世話になった
  • 仲のいい同僚がいる
  • みんなつらいのに、自分だけ逃げだすのは気が咎める

という感情だと思う。

特に御しがたいのが3つ目の「みんながつらいのだから、自分も我慢すべき」という思考。

これは「欲しがりません勝つまでは」と何も変わらない。

 

待遇や働き方が自分に合わないのであれば、上司や会社に要求すべきだ。その権利がある。

もちろん、「上司にたてついたらボーナスが」とか、「どうせ言っても聞いてくれないし」という感情もあるだろう。それならば、そんな会社で死んだような顔をして働くよりも、一刻も早く転職をしたらどうか。

 

今の仕事がつらい

「会社行きたくない」というのは、みんな同じだと思う。(といっても、そもそもそれがおかしいのだが)。

理由としては、仕事が過度な緊張があるとか、上司や取引先との人間関係が合わない、ということがあると思う。

果たして、今の仕事が自分にあっているか。

もっと自分にあった会社があるのか?

 

結局、それは動いてみるまで分からない。

転職サイトにある強み診断をしてみても、人間の特徴や人間関係など千差万別であるので、一概に向いている仕事などは言えない。ただ1つ言えるのは、よりよい環境を求めて動くことを誰が責められるのか、ということだ。

 

とてもよくわかる。

会社に行きたくない。仕事が嫌だ。その気持ちはとてもよくわかる。僕もそうだった。

月曜日の朝は身体が重いし、通勤中何度もヘドをはきそうになる。

ヨタヨタの身体に鞭打って、まるで戦争におもむく兵隊のように悲惨なおももちで、職場に向かう。

こんな会社なんか辞めてやる

なんどそう思ったことか。

上司に怒鳴られるたび。

客に理不尽な要求をされるたび。

昼休憩中に、あなたはスマホで「転職」と検索する。

求人情報を上からながめて、ぼんやりと安堵感を覚える。

まだ俺、やれるかもしれない。

そしていざサイトに登録しようとすると、

お世話になった先輩

仲のいい同僚

気になっているあの子

が頭をよぎり、彼ら彼女らに対する裏切りのような気がして、一歩が踏み出せない

転職は裏切りではない。

よりよい環境を求めること。

休みの多い。

給料の多い。

人間関係のよい。

理不尽の少ない。

そんな職場を求めると、あなたはまるで今の職場の人に対する裏切りのような、良心のかしゃくに襲われてしまう。

転職は裏切りではない。

大事なことだから、なんども繰り返す。

水が高いところから低いところに流れるように。

夏場に涼しい場所を探して、猫が歩き回るように。

自分に適した環境を探すのは、ごく自然なことなのだ。

それをしないのは人間だけだ。

トップレベルのスポーツ選手だって、所属するチームが変わるだけで劇的にプレイが変わる。きっとなんども目にしてると思う。

それでも気がとがめる?

なら、君の強みを分析しよう。

どうなりたいか。

よりも、

どういう方向に進むべきか。

をまず考えよう。

このサイトが、きっかけをくれる。

君が君らしくあるために。

適性検査LP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です