農学部への進学は不安がいっぱい

農学部に行ったからといって、安心できません。

授業もそこそこ楽しく、異性の割合も大体半々で(これは重要だった)、和気あいあいと大学生活を過ごして。

「理系だから就職なんとかなるっしょ」

 

とお気楽に考えてるあなた。

やばいっすよ。

会社は新卒に即戦力を求めている

「自分はまだ新卒だから」と思ってませんか?

「ポテンシャル採用で余裕っしょ」とか

「理系だから(二度目)」とか

大甘いですよ。

 

なぜか会社は、新卒なのに専門性を求めてきます。

(営業職やエンジニアなどの就職を除く)

「あなたの専門分野は何ですか?」

 

ここで、何も考えてない人はふるわれます

研究室選びは重要

言わずもがな、研究室選びはめっちゃ重要です。

「楽そう」とか「先生が好き」とか、そんな理由で決めていませんか?

 

週に40時間以上労力をかけて、コスパがまったく違います。

 

具体的に言うと、

市場から求められている分野を選ぶ

ことが大事です。

 

分からない?

そんなのまだ早い?

 

いえいえ、遅いくらいです。

工学部出身者は、工学部というだけで就職するときに加点されます。

農学部は、加点されません。

 

だから、研究室の分野で、加点を狙うのです。

「ほぉー、君、うちの会社と同じような分野を勉強してるね」

を窓口にするのです。

 

そんなのが嫌だって人はエンジニアを目指してください 。

好きな勉強しながら、コツコツとプログラミングを勉強してスキルを身につけましょう。

でも食品会社なら安心

「そんなの嫌だよぉ!!!」

という声も聞こえてきます。

「好きなことをまじめに誠実に勉強すれば、いい就職先が開けるはずだ!」

そんな真面目ちゃんにも、ちゃんとした会社を紹介します。

 

食品会社です。

食品会社は、わりと農学部に優しく、評価してくれます。

「へえー菌やってたの? 食品の衛生管理やってみる?」

なノリで採用してくれます。

 

さらにいえば食品会社は女性も多く(これは重要)、会社の雰囲気がわりとマイルドなことがあげられます。

僕も食品会社にすべりこみました。

さて、この項目がなぜ最後にくるかというと、

 

食品会社は給料が安い

からです。

 

「人の食につながるから、つぶれない」

「安定してる」

みたいな言葉で踊らされてはいけません。

 

給料が安い。

昇給の見込みも(あまり)ない。

この前提をふまえて就職しましょう。

まとめ

  • 新卒だけど「専門性」を考える
  • 研究室選びめっちゃ大事
  • 食品会社は相手してくれる

営業職などの文系就職ももちろんありです。

ありですが、「勉強以外に何やってたの?」という質問をされて、わりかしゼミが忙しくまじめに勉強をしてた農学部の人は、戦いに負けてしまいます。

なので、せっかくなので「勉強や研究が実になる」場所を選びましょう。

早めに自分の進路を考えて、より快適な人生を選択していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です