'> ';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; endwhile; endif; } else { echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; } $str = $post->post_content; $searchPattern = '//i'; if (is_single()){ if (has_post_thumbnail()){ $image_id = get_post_thumbnail_id(); $image = wp_get_attachment_image_src( $image_id, 'full'); echo '';echo "\n"; } else if ( preg_match( $searchPattern, $str, $imgurl )){ echo '';echo "\n"; } } ?>

農学部の転職におすすめのサイト3選

農学部におすすめな転職サイトをお伝えします。

 

リクナビ、マイナビ、エン、DODA…。

「就職先が見つからないよ!><」

自分が使える就職先が、サイトにない。

もっと具体的に言うと、

「農学部としてのキャリアを生かした仕事につきたいけど、理系の職種がない」

そんな人にお伝えしたい情報です。

実はそんなお決まりの就活サイト以外にも、意外にも使えるサイトってあるんです。

今回はそんな埋もれがちな就職サイトを3つお伝えします。

1.アカリク

大学院生専用リクルートエージェントです。

大学院の学生を対象にしているだけあり、仕事も奥深いものが多いです。

自分も研究職を探した時、ここが一番求人が豊富&面白そうでした。

エージェントも理系の方なのか、提出したこちらの職務経歴書も理解してくれ、親身にのって相談にのってくれました。

「研究職でキャリアを積みたい」

と思ってる方におススメとなっています。

2.プラスチック転職ナビ

プラスチック? と思うかもしれませんが、化学系の求人では断トツ

研究以外にも、営業や生産管理などの仕事もあり、「理系を生かした会社につきたい」という要望にこたえてくれます。

同じく、系列の転職ナビリンクも参照ください。

3.ハローワーク

嘘でしょ? と思うかもしれませんが、探せば意外と求人があります。

一番の利点は、ガチで人手が足りない企業が多いということ。

人手不足=入りやすい。

福利厚生や給料などを確認することは忘れずに。

自分はハロワで二度ほど、望みの転職をしました。

しっかり確認したので、ブラックではなかったです。

以上、意外と知られていない転職サイト3選でした。

自分が学生の時に知ってればなぁ~と思いました。

新卒で失敗しても、これらのサイトには理系求人がゴロゴロ転がっているので、落胆しなくて大丈夫です。

僕も再起しました。

諦めずに、自分のキャリアを描きましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です