'> ';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; endwhile; endif; } else { echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; } $str = $post->post_content; $searchPattern = '//i'; if (is_single()){ if (has_post_thumbnail()){ $image_id = get_post_thumbnail_id(); $image = wp_get_attachment_image_src( $image_id, 'full'); echo '';echo "\n"; } else if ( preg_match( $searchPattern, $str, $imgurl )){ echo '';echo "\n"; } } ?>

奥入瀬渓流で観光をしよう

 

ストレス解消の旅行は、奥入瀬渓流に行きましょう。

けれどどうやって行くの?

どのくらいお金がかかるの?

たくさん楽しみたいけど、どうすればいいの!

という人に向けて、今回奥入瀬渓流を遊び倒す情報をまとめてみました。

 

1.アクセス

東京から八戸駅まで、2時間30分ほど新幹線に揺られましょう。駅弁を食べたくなるかもしれませんが、八戸においしいものがたくさんいっぱいあるので我慢です!

八戸駅から十和田湖(奥入瀬渓流)まではバスが出ています。

「十和田湖休屋行き」というバスです。JRバスの時刻表はこちらです。

「石ヶ戸」あたりで降りると、すぐに奥入瀬渓流散策へ行けますよ!

 

ちなみに、「石ヶ戸」から十和田湖の「子ノ口」まで徒歩3時間程度かかります。

傾斜もあって、ちょっとしたハイキングなので、レンタカーを借りるのもありです。

レンタカーはこちらです。

 

2.泊まる場所

 

星野リゾートの「奥入瀬渓流ホテル」がおすすめです。いろいろなアクティビティがあり、たいへん楽しめます。絶対に損はしません。「十和田湖の勉強」や、「奥入瀬渓流のコケ散歩」などがあります。

 

僕はコケ散歩に参加しましたが、目が見開かれる思いでした。思わずルーペを衝動買いしてしまいました。

 

他にも十和田湖付近のホテルにとまるのがおすすめです。

十和田湖ホテルはこちらです

 

3.交通料金

新幹線で、片道16,290円~となっています。

バスは「八戸駅~石ヶ戸」で2060円となっています。

レンタカーなら、軽自動車で7120円から。

レンタカーとチケットを一緒に取るプランがおススメです。

 

4.季節のおすすめ

春~秋口は緑が大変きれいな季節となっています。

秋は一面が紅葉して、もみじのカーペットになります。

冬は少し移動が大変ですが、「十和田湖冬物語」が近くでやっています。

 

目的によって季節をわけましょう!

僕は何度も行きました(どの季節も行きました)が、春が交通の便や過ごしやすさの面からおススメです!

まとめ

  • 八戸駅からバスorレンタカーで行こう
  • 奥入瀬渓流付近にホテルをとって散策をしよう
  • 春がおすすめです!

 

以上です!

奥入瀬渓流は一人でも楽しめますが、カップルでも夫婦でも、家族連れでも楽しめます!

 

国内のプチ旅行を楽しみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です