'> ';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; endwhile; endif; } else { echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; } $str = $post->post_content; $searchPattern = '//i'; if (is_single()){ if (has_post_thumbnail()){ $image_id = get_post_thumbnail_id(); $image = wp_get_attachment_image_src( $image_id, 'full'); echo '';echo "\n"; } else if ( preg_match( $searchPattern, $str, $imgurl )){ echo '';echo "\n"; } } ?>

ふろむださんの本を読んでみた

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

ツイッター界隈でバズっていたので、この本を読んでみることにした。

テレビで林修先生も言及していた。

とりま、急ぎまでに。

 

1.どういう本

ふろむだ 人生は勘違いさせる力で決まっている

タイトルは

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

となっている。

 

この本では「錯覚資産」という造語で、周囲の人間関係を説明している。

たとえば

「実力もないのに上司からの評価が高いやつ」

などに言及している。

2.どんな人におすすめ

「がんばっているのに評価されない」と思っている人におすすめ。

 

本の中で主張されているのは、

「人生の出来事は思っている以上に運に左右されている」。

「がんばったからいつか評価されるはず」

「なんであいつが評価されるんだろう」

 

そんな風に思っている方は、一読の価値あり。

3.根拠は?

この本の面白いところは「新しく錯覚資産という言葉を考えました」だけじゃないということ。

 

  • 作者自身の過去の実績(上場企業に携わった、公演多数など)を示すことで、読者に対して錯覚資産を実感させる
  • ハロー効果をもとに、錯覚資産を論理的に説明する

 

ハロー効果というのは、「学歴の高い人は性格もいいはずだ」のように、どこか1つの長所があると、他の部分もすごく見える現象のこと。これは心理学的に証明されているし、人間は逆らえないということも、示されているらしい。

そんなわけで、「どこにでもある自己啓発書」ではない、というのがこの本の少し面白いところ。

4.身近な例

身近な例として、僕は転職を例にあげる。

会社に就職→真面目に仕事

をこなすと、少しずつ信頼≒錯覚資産が積み上げられる

 

しかし転職すると、信頼や実績がゼロになる。

「自分はこういう人間だ」

と証明するところから始めなければならない。

 

もちろん、よい環境は自分でつかむしかない。

僕は転職を何度か繰り返したけれど、「錯覚資産」の効用を、この本を読んで納得した。

まだこの本に書いてあるように「錯覚資産を利用」するところまではいけてないのだけれど…。

5.まとめ

・「努力で未来を切り開いていける」と信じている人に、読んでほしい

・作者が心理学的な説明をしているので、納得できる部分が多い

会社でより自分をポジティブな方向に導きたい人は、読んでみたらいかがでしょうか。

僕は大変楽しめました。

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です