'> ';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; endwhile; endif; } else { echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; echo '';echo "\n"; } $str = $post->post_content; $searchPattern = '//i'; if (is_single()){ if (has_post_thumbnail()){ $image_id = get_post_thumbnail_id(); $image = wp_get_attachment_image_src( $image_id, 'full'); echo '';echo "\n"; } else if ( preg_match( $searchPattern, $str, $imgurl )){ echo '';echo "\n"; } } ?>

連休中の社会人へ向けて、勉強しておきたい骨のあるビジネス書5選

おばけちゃ

勉強したいけど、何を読めばいいか分からない

そんな状況になることもあるのではないでしょうか。

連休で時間があり、せっかくなら

  • 普段読めないような分厚い本
  • 少し難しめの本
  • できれば意識が変わる衝撃のある本

を読みたいですよね。

 

そこで今回は、少し骨のある本というテーマで選んでみました。

どの本も良書ばかり、最新の本ではありませんが、話題の1つになりますよ!

 

 LIFE SHIFT(ライフ・シフト)

経団連の会長が「日本は終身雇用システムの継続は困難」と発言したことで物議をかもしましたね。

ニュースはこちらから

ここではその是非を問うことはしませんが、将来にわたって働き方が変化することは間違いないようです。

 

「どんな仕事が正解か?」

答えは誰も分かりませんが、少なくとも「どんな働き方をするべきか」を考えることはできます。

この本は、働き方がどんな風に変化するか、示唆に満ちた考察が書かれています。

時間のある連休に読み、ゆっくりと自分の思考を深め、将来を見直してみるのもいいかもしれません。

 

ザ・ゴール

   機械メーカーの工場長である主人公のアレックス・ロゴを中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスを主題にした小説。通常、アメリカでベストセラーとなったビジネス書は、すぐに日本語に翻訳されるものだが、本書は世界で250万部売れたにもかかわらず、17年もの間日本での出版だけが認められなかった。いわば「幻の名著」である。

長引く経営の悪化、工場閉鎖までたった3か月の猶予期間、多忙な日々のなかないがしろにしてきた妻との離婚の危機…。アレックスは、あまりの危機的状況にすっかり意気消沈していた。その前に、モデルは著者と目される恩師、ジョナが現れ、彼にアドバイスを与える。工場を救うために業務改善に挑む登場人物の苦悩や目標達成の興奮が伝わってきて、ビジネスの醍醐味を感じさせるストーリーだ。

アマゾンより(https://www.amazon.co.jp/gp/product/4478420408?ie=UTF8)

この本は、「全体最適化」に関する話である。日本人は部分最適化(一か所を改善すること)は得意だが全体最適化には意識がむいていないと関係者は言っています。

「工場の利益を出すために、商品を安価に作るようにする」

それだけでは不足している、という点から議論が始まります。

 

内容はビジネス書というよりも小説に近く、主人公に感情移入しながら、展開が気になりながら読み進めることができます。

ただし少し分量があるので、このような長期休暇を利用して読んでみてはいかがでしょうか。

 

コミック版も販売されているので、「興味はあるけど、さくっと内容を知りたいな~」と思った方はそちらもどうぞ。

 

エッセンシャル思考

「仕事が忙しくて、いくら働いても楽にならない!」

という人におすすめの本です。

結論として、「やる必要のある仕事は、変化を起こす仕事だけである」というようなことが書いてあります。

 

毎日(大事だと思われている)雑務に追われていませんか?

一生懸命働いているのに、評価されないと感じていませんか?

一度この本を読んで、働き方を振り返ってみるのもいいかもしれません。

 

マンガ版の試し読みもあります

 

イシューからはじめよ

この本ではイシューを「いま、この局面でケリをつけるべき問題」として扱っています。

人よりもすごい仕事をしたい、そんな欲望があるのなら、この「イシューを意識する」ことが大切です。

そのために、

  • そもそも解決すべきイシューを見極める方法

からこの本は始まります。

 

自分の仕事の仕方や、「働いても楽にならない」と感じる人は、先ほどのエッセンシャル思考と合わせてごらんになってみてはいかがでしょうか。

 

やり抜く力 GRIT(グリット)

この本の売り込みとして、

「大きな仕事を成し遂げた人たちは才能ではなく、やりぬく力(GRIT)が優れていた」

ということを主張している。

 

「才能や生まれ持ったものが違うから、自分には無理」

そう思ってしまいがちな人は、一度読んで自分を奮い立たせてみるのもいいかもしれません。

ただしGRITがあれば五輪選手になれる、ような極端なことを書いている本ではないので注意。

 

まとめ

GW中なので、遊んだり休んだり家族サービスをしたり…という時間のほかに、

自分のための時間

を作ってもいいかもしれませんよね。

 

具体的に言うと、

  • 自分の成長になる
  • 自分のキャリアを考える

ことに時間をあてるのです。

 

思考を深めたり、新たな視点を得るためには読書のコスパがいいです。

今回おすすめした以外にもおすすめできる本はたくさんあります!

今回は一部だけをご紹介しました。

 

いろんな分野の本を読んで、「自分の納得のいく人生」を送れるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です